これから語ることは、多少なりとも反感をかうものでもあると考え、

また、理解できない人もいるものだと自負した上で

あくまでも、一個人の意見として

ネット情報を構成する 構成員として書きます。

 

 

 

 

 

小学校 中学校 高校で、不登校になっている子供たちへ

 

ひとつひとつ、原因や事情は異なるものだと思いますが

私から、そんな子たちへ伝えてみたいことがあります。

 

 

 

不登校になると、

多かれ少なかれ親や親類、教師達が、

何か言ってくるかと思われます。

 

 

…『そんなこと』気にしないでも良いのです。

 

 

 

 

確かに、それぞれの学校生活で

勉強以外に得ることができるものも、確かにあります。

 

だからと言って、無理に学校へ行く必要は

私はないと思います。

 

 

 

子供時代の辛さは、独特で

自分の力だけではどうしようもないことが多々あります。

 

だからこそ、死にたいほど辛い思いをしてまで、

学校へ行く必要は絶対にありません。

 

 

人はそれを『逃げ』と言うかもしれません。

 

 

でも、生きるための逃げはありです。

 

 

勉強なんてものは、やる気があればで、自分1人でもできます。

 

学校で、良い成績を収めて、良い学校へ進学しなくても、

自分が望む形の幸せは得ることは可能です。

 

 

 

f:id:zitumiki:20160627214218j:image

 

 

私ことくるーは

中学時代、一時的にですが、不登校になりました。

原因は、人間関係

 

 

当時は、親や教師から色々言われましたね笑

 

辛かったですね。

いっぱい、いっぱい泣きました。

 

 

でもね、人生何があるかわかりません。

 

 

当時は 人間関係に絶望して、社会を、学校を、身の上を恨んでいましたが

 

そこから引っ張り上げてくれたのも、また人でした。

 

 

今は真っ暗闇の中でも

光がさすときがあります。

 

 

人生 辻褄が合うんですよね。

 

 

まあ、私も含めて

みんなでさ、適当に頑張っていきましょうよ。